スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NH3232 仙台-成田 A320neo プレミアム 搭乗記

はじめに

楽しすぎる宮城旅行もついに終わりに近づいた。
初日は松島へ行き日本三景と海鮮丼を堪能、夜は利久で牛タンに舌鼓を打ち…。
二日目はさいちのおはぎを食べて秋保温泉に浸かり、夜は閖上のお寿司をご馳走してもらい、国分町にハシゴして地酒も…。
全ては前に書いた農学部の友達のおかげ。めちゃめちゃ楽しい思い出が出来た(笑)
マジで朝早く仙台を離れるのが惜しいぞ…。
でも朝イチの飛行機を選んだのには訳がある。
なんてったってA320neoが入ってたんだもん!!

170305_ANA3232_010.jpg

寝坊しないように目覚ましを3つセットして6時過ぎの電車に乗り、無事空港到着(笑)
朝の陽ざしがやさしく出発ロビーを照らしてくれている♪

170305_ANA3232_020.jpg

パタパタ式の出発案内を見てみるとほぼ15分間隔で北は札幌、南は福岡へ飛んでいくスケジュールになっていることが分かる。
よく呑みの席で「仙台なんて田舎だろ~!」と例の友達を弄ってきたのだが、流石は東北の拠点だけあるな(笑)

170305_ANA3232_900.jpg

ラウンジはかなりこぢんまりとしている。ドリンクコーナーには焼酎やウィスキーの用意が。
仙台と言えばニッカウヰスキーだよな~。でもこんな朝早くからお酒というのは…。我慢、我慢。

170305_ANA3232_030.jpg

170305_ANA3232_031.jpg

搭乗時刻よりも早めにラウンジを出て、初めて見るA320neoを観察!
どこのサイトでも書かれていることしか言えなくてアレだが、主翼先端に反り立つシャークレットにNew Engine Optionを謳う根拠でもある従来機の物よりもひと回り大きなエンジンが印象的(^^)/

いざ、機内へ!

170305_ANA3232_033.jpg

ANA FESTAでじぃちゃんとばぁちゃんにお土産の「萩の月」を買いつつ改札前で待機。
搭乗予定時刻になってもシップ側から搭乗OKの連絡が来ず、ゲート担当のスタッフさんが機体の方を見つめている…。
でも数分後にはボーディング開始!

170305_ANA3232_040.jpg

本日のお座席はコチラ!プレミアムクラスの2Aでございます(^∀^)/
パッと見た感じで思ったのは「シートかっけぇ」(笑)

TAKE OFF!!

170305_ANA3232_041.jpg

機体は定時でプッシュバック、RWY27よりテイクオフ!
ただ、ひとつプッシュバック時に気になることが…。
A320neoってエンジン始動後に3分間アイドル状態にしなければならない運用制限があった事を理由に、ローンチカスタマーのカタールが初号機の受け取りを拒否、先にルフトハンザへ引き渡された経緯があるじゃないですか。
で、今回乗ったときプッシュバック完了後3分以上止まったままだったんですけど、まだこの運用制限って継続しているんですかね?

少し調べてみると今年1月の段階でもカタールには引き渡されていないらしく…。当初は数週間でソフトウエアの改修等が完了して制限は解除され、カタールにも引き渡される予定だったはずなんですけど(汗)
まぁ3分間くらいなら待てば良いのにと思いますけどね。(それもこのA320neoのご愛嬌ってことで(笑))

170305_ANA3232_050.jpg

おっと、話が逸れてしまった。
シップは離陸後左に旋回、太平洋沿いにクライムアップ。バイバイ仙台!また来るね~!!

170305_ANA3232_060.jpg

窓からPW1127G-JMエンジンを臨む。
先に書いた通り始動時の制限こそ付いてはいるが、構造面ではGTFという最新技術を盛り込んだ素晴らしいエンジンなのである。
(僕は解説が苦手なので、その構造に関しては各自でお調べくださいませ。たぶんエンジンの基本的な仕組みが分かってないと理解は難しいっす(汗))

170305_ANA3232_061.jpg

で、こちらはシャークレット。役割はボーイングで言うウィングレットと同じ。
翼端で気流が渦を巻くのを防ぐことで燃費を向上させられるってやつ。

クルージング、そしてPremium GOZEN...

170305_ANA3232_070.jpg

機内の様子はこんな感じ。普段の国際線での運用時はビジネスクラスなだけあってゆったりしてるよね。
単通路機でありながらも全く圧迫感を感じない点はやはり凄い。

170305_ANA3232_080.jpg

さて、お待ちかねの食事「Premium GOZEN」がサーブされたぞ!
気になるお献立は…
【壱の重】鰆の桜香焼き、牛タンの佃煮、チキンチーズ大葉巻き、筍と菜の花のしんじょう和風餡かけ
【弐の重】筍ご飯

なんて贅沢な和朝食なんだ…(笑)全体的に春らしい内容な上に仙台名物牛タンまで入っている!(^^)!
これに合う飲み物は何だろうかと考えた結果、エビスビールをですね…。(←ラウンジでウイスキー我慢した意味よ(汗))
ただ僕は忘れていた、この路線がブロックタイム65分の短距離路線であることを。
ビールをもらったと同時にベルトサイン点灯。ほぼ一気飲みという結果になってしまった(苦笑)
(今となってはこれも思い出のひとつかな?(笑))

成田へ向け降下

170305_ANA3232_090.jpg

「皆さま飛行機は最終の着陸態勢に入りました。…Ladies and gentlemen, We are now making a final approach…」
地上にはゴルフ場も見え始めた。もう千葉県まで来てしまったのか。

170305_ANA3232_100.jpg

ランディングRWYは4日前の伊丹からの時と同様に34Rだ。
第2ターミナルには鶴丸の翼以外にもスクートやキャセイの黄色、緑の翼が並んでいる。
しかしまぁ短いFLTだった…。プレミアムに乗っていると余計時間が過ぎるのが早い。

最新の機内プロダクト

170305_ANA3232_110.jpg

エコノミーの全景はこんな感じ。シートはZODIAC社製。
コバルトブルーのシート、濃紺のカーペット、オーバーヘッドビンに走るLEDライトから清潔感と統一感を感じる。

170305_ANA3232_120.jpg

近距離国際線用機でありながら全席タッチ式モニターを装備しているのも注目すべき点だ。

170305_ANA3232_130.jpg

最前方からビジネスを入れて眺めた場合。
ビジネスはシートカラーがネイビーであるためシックで落ち着いている印象だ。

170305_ANA3232_140.jpg

ピッチは国内線機のプレミアムクラスと同じ50インチ(127センチ)だが、それ以上に広く感じた。
背面がホワイトである点や大きなディバイダーを設けておらず開放的な点が起因しているのだろうか。

170305_ANA3232_150.jpg

ビジネスのシートはRECARO社製。
リクライニングは電動式、座席間にはPC用コンセントが装備されており現代のスタンダードタイプとも言えよう。

170305_ANA3232_160.jpg

L1ドア横のCA用のモニター。画面下にはエアバスのロゴマークが入る。
写真では飲料水の利用状況を示しているが、他にはシートやドアスライド、照明の設定などが出来るようだ。

170305_ANA3232_170.jpg

最前方のギャレーはこんな感じ。従来型機とそこまで変わらないかな?
ホントは最後部のギャレーとラバトリーが見どころなのだが今回は時間が無く…(汗)

降機後

170305_ANA3232_180.jpg

デッキに上がり、乗っていたJA211Aが折り返し上海に向かっていくのをお見送り。
さっきはありがとう!浦東まで気を付けてね~!!

ということでA320neo搭乗記&仙台旅行完結でございます!
いや~最後まで楽しすぎましたな。ホント、贅沢な旅だったこと(笑)
遠征はもう少しつづく。

航空ブログランキング参加中です。
よろしければワンクリックお願いします。

にほんブログ村
スポンサーサイト

ANA3231 成田-仙台 735 搭乗記

東京に着いて2日後、次は仙台へ飛ぶぜ!
大学の部活で仲良くなった農学部の友達が名取から来ていて、今回彼が帰省中に宮城を案内してくれるというのだ。
こんな嬉しい事はない(笑)行くしかないでしょ。

170303_ANA3231_010.jpg

東京から仙台へ行く場合の交通手段は新幹線・バス・飛行機があるが、バスは疲れて時間ロスが大きい。
新幹線は早くて楽だけど1万円以上掛かる。
飛行機もさぞかし高いのだろうと思ったが、旅割で7千円切るというのだから驚き!
という訳で成田空港第1ターミナルからスタートなのであります。

170303_ANA3231_020.jpg

朝は何も食べず出てきたのでラウンジで朝食を。
やっぱり成田は良いね。軽食が用意されているのはすごくありがたい(^^)

170303_ANA3231_030.jpg

さぁボーディングのお時間。
今回利用するANA3231便はガルーダインドネシア航空とベトナム航空、スターアライアンスパートナーとのコードシェア便である。

170303_ANA3231_040.jpg

バスでの搭乗だとこんな写真が撮れるから嬉しい!
シップは見ての通りスーパードルフィン、このJA8504は一度エアドゥに移籍していた経歴を持つ。

170303_ANA3231_050.jpg

自席(4A)からの眺めはこんな感じ。
ブロックタイム60分という短距離路線でありながらも巡行高度は2万1千フィート、蒼い空と一緒にCFM56-3C1を眺めることが出来た。

170303_ANA3231_060.jpg

カートによる機内サービスは実施せず、希望者にのみドリンクを提供する形式であった。
なので今回はドリンクレポート無しでございます。

170303_ANA3231_070.jpg

奥羽山脈直上を北上してきたが猪苗代湖からヘディングを東へ振り、一旦太平洋側へ出る。
「今日は山側からの風が強く只今揺れておりますが、大きく揺れましても飛行の安全性には影響ございませんのでご安心ください。」
そんな定番のアナウンスが入ったが、上下方向に揺れて肝がグイグイくる感覚は飛行機ファンであっても心地良くは感じない(苦笑)

170303_ANA3231_075.jpg

機体はオンファイナル、名取市の沿岸を臨む。6年前には牙をむいた太平洋も今は穏やかそうだ。

170303_ANA3231_080.jpg

機内を少しだけ撮らせていただいてから降機。
B737-500に乗ったのは熊本のB747チャーターの時以来だったが年季の入った機内はお気に入りだ。

ANA3231_99.jpg

降機時、CAさんがステッカーと(ひな祭りにちなんで)桃の飴の詰め合わせをくださった。
ステッカーの裏には”Thank you for flying with us today! 2017.03.03 NH3231 crew”のメッセージも添えてくださっていた。
また宝物がひとつ増えた(^^;;)せっかくのステッカーだけど、これはもったいなくて使えないぞ(笑)

170303_ANA3231_090.jpg

ターミナル内には仙台らしく七夕飾り。色とりどりで綺麗じゃの~。
まだ着いたばかりだけど、これは夏にも来たくなっちゃうなぁ(笑)

170303_ANA3231_100.jpg

展望デッキに上がってみるとちょうど到着便が連続、B767とQ400の後ろに広がるのは仙台市街地だ。

170303_ANA3231_110.jpg

仙台空港アクセス線の駅の屋根はテント式で非常に開放的。陽の光がよく入ってとても良い雰囲気だ。

さぁ、初めてやって来た仙台。どんな宮城旅になるのかな~♪楽しみだのぉ(笑)

航空ブログランキング参加中です。
よろしければワンクリックお願いします。

にほんブログ村

NH2176 伊丹-成田 77W 搭乗記

今回はタイトルの通り成田へ向かうのでその時の搭乗記を。
3月に入ってからNH2176には763WLと77W、78Rが混在しており、この日は77Wの充当日であった。
朝一番の北急に乗りモノレールに乗り継いで朝6時半に空港到着。例の如くANA LOUNGEからスタート!

170301_ANA2176_010.jpg

B767のスターウォーズジェットがディスプレイされている入口を通り中へ入る。
ANA FESTAなんかでこの模型よりもっと小さいのが数万円で売ってるが、これくらいの大きさにもなるといくらするんだろうか(笑)

170301_ANA2176_020.jpg

う~ん、大人の雰囲気が漂う空間だ。
久々に伊丹のラウンジ入ったけど下の階はスイートラウンジになったんだよね。スイートの方はどれだけ凄いんだろう?

170301_ANA2176_030.jpg

時間となりシップの元へ。アサインされたのはJA783A。
CLUB ANA時代に導入された77Wのラストナンバー、2008年から8年間に渡って欧米路線を中心に世界の空を飛び続けている。

170301_ANA2176_040.jpg

席は前からずっと座ってみたかったビジネス区画の9Aをゲット!
言わずもがなA列は同じ窓側のC列とは違い、通路から奥まっているのでプライベート感がある。それプラス9列目は眺めが格別なのだ。(機窓は後ほど。)

170301_ANA2176_050.jpg

TEAM ANAに見送られ機体はタキシングを開始、僕も手を大きく振り返すd(^∀^)ノ

170301_ANA2176_055_20170307233242a1e.jpg

左下に先ほど離陸してきた伊丹空港を臨みながら順調にクライム。
上空には薄っすらと雲が掛かるが、これからあの雲を突き抜けて青空の下へと向かっていく。

170301_ANA2176_060_20170307233243e28.jpg

機内サービスは季節限定の「でこぽんジュース」をオーダー。
乾燥し味覚が落ち気味の機内では濃厚なでこぽんの甘みが尚美味しく感じられる。
で、お待たせしました。機窓がこちらでございます…

170301_ANA2176_070_20170307233244990.jpg

いや~良いよねコレ!GE90のステッカーとウィングチップ装備の長い主翼を一望出来る訳ですよ!!
そしてこの眺めを見ながらですね…

170301_ANA2176_080_201703072332465e9.jpg

こんな感じで個室感溢れるシートに身を委ねる、と。
サイドテーブルで光るブルーのライトもイカしてるよね~。

170301_ANA2176_090_2017030723324766a.jpg

やがて富士山も見えてきたぞ。
今までの763ERのウィングレットも良かったけど、このデカいエンジン「GE90-115B」にも惚れ惚れしてしまう。
あぁ、フラッグシップ機のオーラが漂っている…。

170301_ANA2176_100.jpg

高度を下げ九十九里浜側からファイナルアプローチ。
エンジンカウルには降ろされたメインギアが映り込んでいる。

170301_ANA2176_105.jpg

午前中、双発機は基本的にB滑走路に下ろされるとのこと。なので僕の座るA側からは成田空港全体を見渡せた。
さて、到着後はまた機内を撮らせていただいた。

170301_ANA2176_110.jpg

このJA783AはYの配列は3-4-3である。
シート自体もFixed Back Shellタイプではなくノーマルなので今回撮影出来て良かった。

170301_ANA2176_120.jpg

2-4-2配列のPYはやはりYより断然ゆとりがある。国際線で乗るならPYが良いな~♪
SFCなら無償でUG出来るし、ANAのツアーでも元からPYを指定したりも出来るらしい。想像が膨らむなぁ(笑)

170301_ANA2176_130.jpg

Cは言わずもがな、良いに決まってるよな…。

170301_ANA2176_140.jpg

170301_ANA2176_150.jpg

プレミアムクラスとして利用されていたFは空席があったようで、何席か未使用の状態で綺麗に写せた♪

という感じで今回のNH2176便の搭乗記終了でございます!
INT機材というのは何度乗っても飽きませぬ(笑)また機会があればトライしなきゃ(^^)/

航空ブログランキング参加中です。
よろしければワンクリックお願いします。

にほんブログ村

NH2179 成田-伊丹 78R 搭乗記

ひこうきの丘での撮影を終え、成田空港交通の路線バスでターミナルへ戻る。
担当はまたも例の運転手さん。今回は他のお客さんも乗っていたので、ひと言「よいお年を」と声を掛けると、また満面の笑みで送り出してくれた。
ほのぼのとした気分で国内線出発ロビーへ。

161231_ANA2179_001.jpg

夕方は国内線も出発便が集中する。17時台には伊丹行きの前便に加え、新千歳、中部、福岡、新潟、広島と計6便が一気に発つスケジュールだ。それもあってカウンターも賑わっていた。

IMG_1348.jpg

例の如くラウンジでひと休み、大晦日の夕方…ビールくらい飲んでも良いよね。

161231_ANA2179_005.jpg

搭乗時刻が近づき本日のゲートへ。AかHだと2階へ上がってPBBから乗り込むことになるが、今回はゲートFなのでバスで沖止めスポットへ移動となる。

161231_ANA2179_010.jpg

すぐそばには773ERの782Aが駐機されている。バスが動き出すまでソワソワ・ドキドキ・ワクワクするよね。だってこんな所からヒコーキを眺めることなんて出来ないし…。しかもこれから自分もフライトする訳だし。
さて、バスは数分かけてランプを走りシップの元へ到着!

161231_ANA2179_015.jpg

機材はB787-8、JA829A。前便ではスカルノハッタ(インドネシア)から戻って来たらしい。
787の国際線仕様に乗るのは初めてで興奮が隠せず、手振れを抑えるのが大変…。
でも、機体のそばにいた警備員のおじさんが撮影しやすいように立ち位置をずれてくださったこともあり、満足のいくものが撮れた。

161231_ANA2179_020_99.jpg

幸せへの扉が目の前に…。期待を大にして乗り込む。

IMG_1355.jpg

本日の座席は2K、当然ながらビジネスクレードル。2016年を締めくくるのにふさわしいシートだ。
保安検査場の混雑で乗客を待った影響もあり10分ほど遅れてドアクローズ、TWY上では出発機の行列を成していたこともあって離陸までには更に20分以上時間を要した。

161231_ANA2179_025.jpg

RWY16Rからエアボーン後は長めに旋回し、東京-大阪間の主要航空路Y50へ乗せるべく東京湾南側へ。
眼下には羽田空港、東京タワー、東京ゲートブリッジ、荒川、ディズニーランドと、東京の名所を一望出来た。
787の窓は他の機種と比べて映り込みが出来やすく夜間の撮影は特に厳しい。

161231_ANA2179_030.jpg

航路上の気流は終始安定しており早めにドリンクサービスが始まった。
パーソナルモニターで機影が動くのを眺めながら熱いコンソメスープをちょびちょびと…。「お決まり」でありながらも、このひとときが堪らない。

161231_ANA2179_035.jpg

せっかくなので機内を少し歩いてみる。
Aコンパートメントには4列24席しか配置されていない贅沢な空間だ。

161231_ANA2179_040.jpg

ANAの787の代名詞とも言える曲線を描く広いバーカウンター。
就航時、暫定国内線仕様の頃には必ずと言っていいほど注目されたアイテムだ。長距離仕様機では小型化され、国内線仕様機には設置されていないためこの中距離仕様機の一番の特徴とも言えるだろう。

161231_ANA2179_045.jpg

多くの席が配置されるエコノミー区画で圧迫感を感じさせない点は天井が高い787ならではのこと。

161231_ANA2179_050.jpg

ギャレーの設備類のライトはLED式であり、こうしたことからも最新機種であることが感じられる。
さて、こんなことをしていたら早くもファイナルアプローチ。毎度書いている気がするが、成田―伊丹なんて本当にあっという間なのだ。

161231_ANA2179_055.jpg

到着後は少しだけ機内を撮影。
763WLの2-1-2の配列とは違い、788では2-2-2配列。またラバトリーとドアを挟むため、同じタイプのシートが並んでいても印象が随分違う。

161231_ANA2179_060.jpg

前の画像からも分かるが、降機時はCAさんが照明を虹色に設定してくださった。
ログをお願いしていたからか「お客様のためにレインボーに致しました(笑)」なんて言われてしまった(汗)
そう言えば機内を撮って歩いている時もライトの明るさを調整してくださったりしてたしな…。
CAさんの細やかなご配慮には本当に頭が下がりまする…。

という訳で2016年のFLT(合計10レグ)が全て終了した。回数こそ少ないが個人的にはかなり充実したものだった。
退役が見込まれる772初期機材(運が良いのか悪いのか3連続でJA8198)、BB-8就航初便、念願の往復プレミアムクラスでCTS、ずっと乗る機会に恵まれなかったA320、そしてこの78R搭乗…。
さぁ2017年はどれだけ趣味活動を展開できるかな?楽しみだ。

航空ブログランキング参加中です。
よろしければワンクリックお願いします。

にほんブログ村

ANA2153 成田-新千歳 A320 搭乗記

月に一度は飛行機に乗らないと体がムズムズする禁断症状を発症してしまい、先日は仕方なく新千歳へ行ってきた。
と書いても嘘ではないのだが、今回の目的はエバージャンボである。
現段階では来年3月22日まで台北-新千歳に747が投入される計画になっているが、退役が見込まれている機材なだけに早めに撮っておきたく今回の遠征に踏み切った。

さて、利用便はまたもANA2153便
前日夜から成田のネットカフェで一夜を明かし、空港ターミナルには朝6時にやってきた。

161126_ANA2153_010.jpg

南ウィングからエプロンを見渡すとスポット46番には787導入2号機の鯖ちゃんが駐機されている。
さらにその奥にはR2-D2ジェットの姿も見える。

161126_ANA2153_020.jpg

朝焼けの下、NH818便としてプノンペン(カンボジア)から帰ってきたJA804Aが入って来る。

161126_ANA2153_030.jpg

明け方の雰囲気に合わせるが如く静かに、しなやかにスポットインしてくる姿は素敵だ。

161126_ANA2153_040.jpg

そして前回の新千歳遠征時と同様、ANAアライバルラウンジへ。
その昔、僕が中学生の時、夫婦喧嘩で離婚の危機に巻き込んだお詫びにと父が遠征の便をプレミアムクラスにアップグレードしてくれたことがあったのだが、その時にこうしてコーラの上に輪切りのレモンを浮かべる技を教わったのだ。
「ガキひとりでも小慣れた感じでお坊ちゃまっぽくしてれば大丈夫。」そんなことを言われたのをふと思い出した。

161126_ANA2153_050.jpg

ちょっと前にも同じような画を写した覚えがある…。でも今回は機材が違うのだぞ…。

161126_ANA2153_060.jpg

その機材がコチラ!!エアバスA320-200(レジ番:JA8304)なのだ(^^)/
巷ではA321ceoとA320neoが注目の的であるが、新機材が入れば既存のA320が押し出されるのは目に見えている。
今のうちに乗っておきたかったので丁度良かった。

161126_ANA2153_070.jpg

スポット57-A番から定刻でプッシュバック開始。
三つ隣の54番ではワシントン行きNH002便充当のBB-8ジェットが準備を整えている。
アイツには伊丹-羽田の就航初便で乗ったがやはり国際線で乗ってみたいところだ。

161126_ANA2153_080.jpg

タキシ―中には早朝ターミナルから見たR2-D2ジェットを間近で撮ることが出来た!
真正面を狙っていたのだが窓越しで上手くフォーカスが合わなかった(汗)腕を磨かねば…。

161126_ANA2153_090.jpg

そしてRWY34Lからテイクオフ!!
右端に見えているのが東関東道と新空港道の交わる成田JCT、その上には成田市街地が広がる。

161126_ANA2153_100.jpg

巡航高度は3万7,000フィート、特に揺れることもなく非常にスムーズなフライトだ。
エンジンはGEとスネクマの合弁企業であるCFMインターナショナル製CFM56-5A1を装備している。
Wikipediaによれば、「CFM56」はGEの民間機用エンジン形式「CF6」とスネクマの民間機用エンジン形式「M56」を掛け合わせて命名されたものとのこと。
またCFM56-5シリーズはエアバス機用に開発されたもので(因みにB737NGだとCFM56-7シリーズ)、ボーイング機向けのシリーズとの大きな違いはエンジン制御が電子制御FADEC(Full Authority Digital Engine Control)となっている点。
これは、機体制御から要求されるエンジン動作(回転数や温度、燃料の供給度合など)を、電子制御ユニットで演算した上で電気信号によって操作するもので、エンジン性能を最適化することが出来るようだ。

161126_ANA2153_105.jpg

機窓からは鳥海山(山形県)と日本海を望む。
東京から新千歳へ行く場合、筑波山から陸奥をほぼ一直線に結ぶY11ルートを飛ぶため、A側に座ればずっと日本海沿岸を眺めていられるのだ。

161126_ANA2153_110.jpg

オーディオプログラムでは、ドラマGOOD LUCK!!のエンディングである山下達郎の「RIDE ON TIME」がラインナップされていたので聴いてみる。
「青い~水平線を~いま駆け抜けてく~とぎすまされた~時の~流れ~感じて~♪」うひゃっ!気分はもうキムタクだぜ(≧∀≦)/

161126_ANA2153_120.jpg

下北半島を過ぎて高度を下げている頃、南へ飛んでいく機体が飛行機雲を引っ張っていた。
北海道側から入ってきて高高度でココを通過するということは米国東海岸発の便だろうか?

161126_ANA2153_130.jpg

そして新千歳にはRWY19Lにランディング、到着スポット3番が空くのに時間が掛かりゆっくりと進んでいく。

161126_ANA2153_140.jpg

最後は機内の全景を撮らせていただいてから降機。
シートの色使いやくたびれ具合から年季が入っている感が否めないが、布製の厚めのシートはフカフカして座り心地が良かった。

161126_ANA2153_150.jpg

お世話になったね8304!95年5月生まれ、僕と1カ月しか誕生日変わらないし親近感が沸くぜ(笑)
折り返しの仙台へのフライトもお気を付けて。

という訳で2016年第2回新千歳遠征スタートであります!
綺麗にEVAジャンボ撮れるかな?お楽しみに。

航空ブログランキング参加中です。
よろしければワンクリックお願いします。

にほんブログ村
プロフィール

kuragy

Author:kuragy
ブログ名:HikoukiPicTrip
大阪・東京・札幌と広く展開しながらヒコーキを撮影しています♪最も力を入れているのは「搭乗記」です!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。