ANA2153 成田-新千歳 Premium 搭乗記

今回は受験生の頃から夢に見ていた
「自分で稼いだ金で行く、プレミアムクラス北海道旅行」
の往路をレポートさせていただく。

実はこの「自分で稼いだ金で」と言うのが最も重要な所なのである。
もちろん親から学費やら家賃やらを出してもらっているからこそバイト代を小遣いに回せているという現実もある。
しかしながら自身の置かれたある種恵まれた環境下で、僕が出来る最大限の経済活動を行ったことで得られた対価により実現されたこの旅は、僕にとっては非常に大きな意味を持つものであったことを前もって書かせていただく。

さて、この旅の前に名古屋で高校時代の親友二人と定期同窓会を行ったため、名古屋から夜行バスを利用し東京入りしスカイライナーで成田へやって来た。空港へ到着したのは午前7時前である。

160913_ANA2153_010.jpg

国際線利用ではないが成田空港第1ターミナルに来たら4階まで上がってこの眺めを楽しまねばならない。
「これから旅に出るぞ」という気になってくる。(※感じ方には個人差があります。)
どうせ飛行機に乗るのならばウキウキ度をマキシマムにまで上げておいた方が得である。

160913_ANA2153_020.jpg

そして次にやって来たのはANA ARRIVAL LOUNGEである。
今では僕もスーパーフライヤーズの家族カードを手に入れたのでいつ飛行機に乗ってもANA LOUNGEは利用できるが、今回はきちんと「自分で稼いだ金」で「プレミアムクラス」に乗るので堂々と利用できる。

160913_ANA2153_030.jpg

空腹を満たすため軽食のサンドイッチをいただく。
ここでのポイントは無料だからと言って皿に何個も盛ってこないことである。
この時ラウンジに居たのは国際線で帰ってこられたご夫妻とビジネスマンの数名だけであったが、それでも「やや控えめに」、「上品に」行動するのが良い。
この落ち着いた大人の空間に自らを溶け込ませるのも一つの嗜みなのである。
そして朝のコーヒーを飲みながら周囲の会話に耳を傾け、勝手ながら他人様の海外旅行の思い出話を楽しまていただくのである。

160913_ANA2153_040.jpg

続いて長距離移動の疲れを癒すため、シャワールームをお借りした。
国内線利用でありながらラウンジでシャワーを浴びられるのは成田発便ならでは。
汗を流して髭を剃り、体も心もサッパリ。これでプレミアムクラスに乗る準備は万端だ!

160913_ANA2153_050.jpg

少し早めにラウンジを出て本日の搭乗ゲートAにやって来た。
出発の数時間前に搭乗口変更のメールが着てオープンスポットから変えられてしまった…。ちょっと残念。

160913_ANA2153_060.jpg

成田発だけあってスターアライアンスパートナー各社のコードシェア便名が並ぶ。
そして出発15分前になり優先搭乗が始まった。
それと同時に何も知らない中国人のおばちゃんが入ろうとしたが係員に止められている。それを横目に僕は改札機を通過した。

160913_ANA2153_070.jpg

雨が降りしきる成田、これならオープンスポットじゃなくて良かったかも。
機材は14年4月導入の75ANだ。羽田-新千歳-成田と飛んでこの2153便に充当された。

160913_ANA2153_080.jpg

席に着くと直ぐにCAさんが挨拶に来てくれた。
「本日もご搭乗いただきありがとうございます。新聞などお持ち致しましょうか?」
こんな絶対に新聞なんて読みそうもない若造にもきちんと聞いてくれるところが嬉しい。

160913_ANA2153_090.jpg

さて、シップは定刻で出発しRWY16Rを目指す。
背後では北京から到着したJA8664がカーゴエリアに向けて走行中である。

160913_ANA2153_100.jpg

厦門行きJA617Aが豪快に水しぶきを上げながらテイクオフローリング。
この数秒後には霧に隠れて見えなくなってしまった。

160913_ANA2153_110.jpg

「ポーン・ポーン・ポーン・ポーン」
「皆さま、離陸いたします。シートベルトを緩みのないよう、もう一度お確かめください。Ladies and gentleman, we are now ready for taking off. Please make sure that your seatbelt is securely fastened. Thank you.」
さぁ飛ぶぜ!ただ座っているだけだがこのアナウンスを聞くと妙に気が引き締まる。
しかしまぁ視程が悪いし灰色の雲がベタッと立ち込めている…。今日は揺れそうだ。

160913_ANA2153_120.jpg

予想通り結構大きめの揺れが長く続いたが、離陸から十数分後には朝食サービスが始まった。
パストラミビーフのサンドイッチに、ポークとフォアグラのリエット、それからオリーブとフェタチーズ。
これは「飲んでくだい」と言わんばかりのラインナップではないか。まだ午前中だがスパークリングワインをいただいてしまった。

160913_ANA2153_130.jpg

高度1万1千メートルで青空を見ながらの食事。贅沢な時間が流れていく。

160913_ANA2153_140.jpg

この日、プレミアムクラスを利用していたのは僕を含めて2名だけ。とても静かだ。
モニター横にはWi-Fiサービスのステッカーが貼ってある。
予めスマホにアプリを入れておけば無料でデジタルコンテンツが楽しめるようだが僕には必要ない。
時々変化するエンジン音と風切り音をBGMとして、ただボーっと空を眺めているだけで十分なのである。

160913_ANA2153_150.jpg

高度が下がり始め、最後にコーヒーをお願いした。プレミアムクラスだと専用のカップに注いで持ってきてくれる。
またカップのデザインとシートの色使いに統一感があって良い。

160913_ANA2153_160.jpg

雲の下に出るといかにも北海道らしい景色が広がった。格子状に規則正しく整備された耕作地は開拓地域ならではだ。
また区画によって色が異なっており休耕地かどうかもすぐに分かる。

160913_ANA2153_170.jpg

道央連絡道路の上を通過、もうすぐRWY19Lへ着陸だ。

160913_ANA2153_180.jpg

お隣の19RからはJAL機がエアボーン。
2本の滑走路で離着陸が引っ切り無しに行われる新千歳では機内に居ても飛行機撮影が楽しめてしまう。

160913_ANA2153_190.jpg

プレミアムクラスだと降機時の優先権があるがそれを放棄、例の如くシートを撮らせていただいてから機内を後にした。
あまり良い評判を聞かない革張りの新シートではったが、個人的には十分快適だった。
沈み込みが弱いため座り心地は旧タイプの方が良かった気はするが、リクライニングがスライド式になったため遠慮なく倒せる点テーブルが大型になった点はもう少し評価されても良いと思う。

160913_ANA2153_200.jpg

さ~て、ついに来たぜ北海道!
受験生時代から叶えたくて仕方なかった旅行の始まりだぜ!!
んっ、そう言えば僕の預けた荷物はプライオリティーで早く出てくるんだった。到着口へ急がねば!!

航空ブログランキング参加中です。
よろしければワンクリックお願いします。

にほんブログ村
スポンサーサイト

タイトル変更のお知らせ

突然ですが、ブログのタイトルを変更します。

ブログ開設から約4年間に渡り『ILS runway 32L』としてやってきた訳ですが、今ではベース空港が伊丹ではなくなり『32L』とも関係が薄まってしまいましたし…。

それに今考えてみるとちょっとタイトルがマニアック過ぎたなと(^_^;)

新しいタイトルは、このブログの軸となるワード、「飛行機」と「写真」と「旅」を組み合わせた

HikoukiPicTrip!

でございます。

最後のビックリマークは元気に飛び跳ねるような楽しいブログを目指そうという、ある意味「志(こころざし)」から付けてます。

これからも先に書いたようなブログを目指して更新していきますので、今後ともよろしくお願いします。

B787_JA818A_ITM_1603241420_201609242250180fe.jpg
24 Mar. 2016 at Osaka/Itami

次回からは北海道遠征記をお送りします。

お楽しみに。

THE AIRBORNE

まだ続きます、成田遠征記。
「もう飽きた」なんて言わないで…。撮影ポイントはコロコロ変えてるしもう少しお付き合いお願いしますm(_ _)m

前回お送りした分の翌日。この日は始発電車で展望デッキへ。

25_KLM861_Amsterdam_PH-BFK.jpg
KLM 861 from Amsterdam PH-BFK
お目当てはコチラ、キャセイと同じく成田からの撤退が決まっているKLMの747だ。
数日前にTwitterで撤退のニュースが流れてきて二日連続の成田出撃を決めたのだった。
今までにも何度かKLMジャンボは撮ってきたが、いざ最後となると「撮らなきゃ」となるからファンの心理は不思議…(汗)

で、また場所を移して畑ポイントへ。
せっかく600mmを導入したので正面から地上を絡めて撮りたかったのだ。

26_SCO291_BangkokDonMueang_9V-OFC.jpg
Scooter 291 for Bangkok 9V-OFC
なんだか画面が全体的に黄色ばかりだが、こちらのスクートくんは引っ張り気味で上がってくれた。

27_NCA110_LosAngeles_JA17KZ.jpg
Nippon Cargo 110 for Los Angeles JA17KZ
ダッシュ8のエンジンはデカい…。GEとはいってもトリプルセブンのそれとは少し違い次世代型である。
NXとはNext Generationからとったものである。

28_KM862_Amsterdam_PH-BFK.jpg
KLM 862 for Amsterdam PH-BFK
地上設備が若干うるさいのと陽炎でメラメラになったのが悔やまれる。
ただ最後に少しでも迫力あるショットを残せた点は良かった。

29_LOT080_Warsaw_SP-LRA.jpg
LOT 80 for Warsaw SP-LRA
当ブログで初登場となるLOTポーランド航空。
いかにも北欧らしい色使いとシンプルでありながら堂々とした塗装が素晴らしい。

31_SCO201_Taipei_9V-xxx.jpg
Scooter 201 for Taipei
ちょっと疲れたので新スポット「ひこうきの丘」のベンチで青空を見ながら休憩の巻。
駐車場には自販機があるのでギンギンに冷えたレモンスカッシュでクールダウンするのだぁ~ヽ(^o^)丿

32_FDX5311_Singapore_N110FE.jpg
Fedex 5311 for Singapore N110FE
近づいてくるまで「どうせトリプルセブンだろ」と構えていたら767だった。

34_AZA787_Milan_EI-DBL.jpg
Alitalia 787 for Milan EI-DBL
アリタリアはローマ行とミラノ行の2便が飛んでいるが、この日はミラノ行が新塗装。
密かにアライアンスカラーを期待していたのだが叶わなかった(^_^;)

36_BAW006_London_G-ZBKK.jpg
Speed Bird 6 for London G-ZBKK
こちらBAの787も初登場。
しかしまぁ東京-ロンドンの花形ビジネス路線が787とはな…。羽田便が開設されて提供座席数が増えたから仕方ないか。

37_AUA052_Vieana_OE-LPA.jpg
Austrian 52 for Vienna OE-LPA
オーストリアンも最後に正面気味のショットで残せて良かった。またどこかで会おうオーストリアン。

38_AMX057_MexicoCity_N783AM.jpg
Aero Mexico 57 for Mexico City N783AM

39_AMX057_MexicoCity_N783AM.jpg

40_AMX057_MexicoCity_N783AM.jpg

最近マイブームとなっているメヒコ。このカラーリングと787-8の組み合わせは絶妙過ぎる。
そういえばメヒコの787はNレジなのね、知らなかった。

という訳で初・成田600mm遠征は無事終了!!
今までにないほどの収穫量で超満足。さて、次は北の大地への遠征が控えている。

航空ブログランキング参加中です。
よろしければワンクリックお願いします。

にほんブログ村

夕刻の16Rエンド

時刻は午後四時半を過ぎた頃ゲジコロに到着。
夏とはいえ、もう八月の終わり。太陽は既に西に傾き機体を薄いオレンジ色に染めはじめている。
聴こえるのは蝉の声と航空機のエンジン音のみ。ここのポイントは初めて訪れたのだが、すごくいい雰囲気だ。
少し無理があるかもしれないが、以下余計なコトは書かないので写真からその空気感を感じていただきたい。

15_ACA10_Calgary_C-GHQQ.jpg
Air Canada 10 for Calgary C-GHQQ

16_ACA10_Calgary_C-GHQQ.jpg

17_ANA104_NewYork_JA788A.jpg
All Nippon 104 for New York JA788A

18_FDX5015_Shanghai_N863FD.jpg
Fedex 5015 for Shanghai N863FD

19_SIA011_LosAngeles_9V-SKS.jpg
Singapore 11 from Los Angeles 9V-SKS

20_CPA521_HongKong_B-HUJ.jpg
Cathay 521 for Hong Kong B-HUJ

21b_ANA006_LosAngeles_JA781A.jpg
All Nippon 6 for Los Angeles JA781A

21c_ANA006_LosAngeles_JA781A.jpg

いかがだっただろうか。
コクピットに差し込んだ光がパイロットの姿を浮かび上がらせ、離陸前の独特な緊張感が見ている僕にまで伝わってきた。(ここに掲載している写真がそれほどの出来栄えかどうかは別である…(苦笑))
「クォ~ンォンォンォ…」と低い音で正面に迫ってきてレフトターン、やがて「シュィーーン、、、ィィィインッ!!!」と甲高い音でテイクオフローリングを開始していく光景は何便見送っても飽きない。
さくらの山から歩いても行けるので、まだ行ったことがない方はぜひ一度行ってみてくだされ。

※御礼
今回は車を出していただいたり脚立を貸していただいたりと、同業者さんの温かいご協力の上で成立しております。
ご一緒してくださった皆さん、ありがとうございました。

航空ブログランキング参加中です。
よろしければワンクリックお願いします。

にほんブログ村

CX's 747 last NRT

今度はBランへやってきた。
普通は真横を押さえるのが定番らしいのだが、ここはデカいレンズで大きく狙いにいこうではないか。

12_JAL736_HongKong_JA822J.jpg
Japan Air 736 from Hong Kong JA822J
赤組導入2号機、こちらはまだWiFi非対応のようである。
徐々に対応機が増えてきているため、上部にアンテナが付いていない姿を見られるのも今のうちだろう。

13a_CPA520_HongKong_B-HUJ.jpg
Cathay 520 from Hong Kong B-HUJ

13b_CPA520_HongKong_B-HUJ.jpg

本日のお目当て、キャセイジャンボ。
こうした姿を成田で見られるのも今日が最後だ。デルタやUAのとは異なるRR製の細長いフォルムのエンジンが特徴的である。

14_CES520_Shanghai_B-6125.jpg
China Eastern 520 from Shanghai B-6125
続いて超派手なやつが降りて来た。新華社通信のスペシャルマーキングだ。
この独特な配色と成金な雰囲気が、ザ・中国という感じである(笑)

短い気はするが、Bラン編はここまで。
キャセイは約1時間のターンアラウンドで出発するため、今度は急いでゲジコロへと場所を移す。

航空ブログランキング参加中です。
よろしければワンクリックお願いします。

にほんブログ村

OS新塗装 in さくらの山

ついに新レンズを導入、その使い心地を確かめる為に成田へ行ってきた。
前に純正500mmを購入予定と書いたのだが、よく調べてみると僕の持っている本体(D90)に対応していないとのことで、純正レンズの導入を断念しシグマ製600mmとした。
300mmより先は未知の領域、まずはさくらの山から狙ってみよう。

1_DAL167_Seattle_N662US.jpg
Delta 167 from Seattle N662US
四発機を撮るなら片側の二発はフレームインさせるべきなのかもしれないが、こう切り取っても十分迫力が出る。
望遠の力もあると思うが、これはやはり二階建ての機体ならではの迫力だ。これがA340だとまた違ってくるだろう。

2_UAL837_SanFrancisco_N182UA.jpg
United 837 from San Francisco N182UA
同じようなのが連続して恐縮だが、こちらはフラップをフルに下げているようだ。
このずっしり感は本当に癖になる。

3_ANA8506_Qingdao_JA602F.jpg
All Nippon 8506 from Qingdao JA602F
ANA CARGO発足時から活躍する602Fであるが、ただいま旅客塗装用のレドームを装着中。

4_AAR104_Incheon_HL7421.jpg
Asiana 104 for Incheon HL7421
ランウェイ上では到着機を待っていたアシアナジャンボがラインナップ。
斜め後ろから眺めるWL付の主翼はどのエアラインのカラーを纏った機体であってもカッコいい。

5a_AUA052_Vienna_OE-LPD.jpg
Austrian 52 for Vienna OE-LPD
この日のメインとなる機体のひとつ、Servus(こんにちは)香港の新塗装オーストリアン機。
成田撤退まであと数日というタイミングでの飛来ということで、これを目当てにやってきたファンも多かったようだ。

6_MGL501_Ulaanbaatar_JU1015.jpg
Mongol Air 501 from Ulaanbaatar JU1015
当ブログでは初登場となるMIATだが、こちらはスペシャルマーキングらしい。

7_AAL169_LosAngeles_N792AN.jpg
American 169 from Los Angeles N792AN
気温30度以上、直射日光が照りつけるアスファルト表面の温度はどれくらいになるだろうか。接地の瞬間にタイヤのゴムが溶け白煙が上がる。

8_DAL295_Atlanta_N708DN.jpg
Delta 295 from Atlanta N708DN
機首部に何やら書いてある。拡大して読んでみると”CHIEF EXECUTIVE OFFICER”とある。
所謂「偉いさん」の名前が付けられているということだろうか。

9_ANA956_Beijing_JA804A.jpg
All Nippon 956 from Beijing JA804A
飛び始めて5年が経った中距離国際線仕様機、エンジンの縁などから若干くたびれ感が漂っている(笑)
かつて高松で緊急着陸し、787運航停止への大きなきっかけを作ったこともある。

10_DAL275_Detroit_N670US.jpg
Delta 275 from Detroit N670US
公園に着いてから30分ほどだが、デルタジャンボは2機目。米国フラッグキャリアではジャンボは健在ということか。
次回出てくるキャセイジャンボはこの日で成田から撤退するのだが…。

11_ANA177_Seattle_JA827A.jpg
All Nippon 177 from Seattle JA827A
2コ前と違い通常塗装機であるが、「787」があるのと無いのとではやはり随分印象が異なる。
これといって特に目立った経歴は持たないが、リュッセルドルフで放水アーチの歓迎を受けた機体である。

以上でさくらの山での撮影は終わり。
続いてキャセイジャンボの着陸を求めてBランへ移動する。

航空ブログランキング参加中です。
よろしければワンクリックお願いします。

にほんブログ村
プロフィール

kuragy

Author:kuragy
ブログ名:HikoukiPicTrip
大阪・東京・札幌と広く展開しながらヒコーキを撮影しています♪最も力を入れているのは「搭乗記」です!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR