スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一機だけ残る、このカラー

タイトルだけでピンとくる方も多いのではないでしょうか?

一機だけ残る「懐かしいカラー」と言えば「JASカラー」です。
未だこのカラーで活躍している機体は、DHC-8-Q400(JA842C)の一機のみ。

画像は少ないですが、掲載します。

DSC_3996.jpg
JAL DHC-8-Q400 (JA842C)

Flyteamによると新着画像で6月10日現在でもこのJACカラーで運航されているのを確認できます。

DSC_3110.jpg

プロペラが止まってしまっているのは堪忍して下さい(笑)

DSC_0025.jpg

就航は2002年12月。あと半年で就航から10年になるというのに、なぜこのカラーで残っているのでしょか?
今までにいくらでも塗り替える機会はあったはずなのですが…。
もう何年も前から「そろそろ塗り替え」という噂はあった訳ですが、私も使わせていただきます、この噂。
「もう、消えるでしょう。」
鶴丸への移行も始まっていますし、特に残しておかなければならない理由も考えられませんし・・・。
それとも、もしかして私たちファンへのサービス!?

出会えたらその日はいいことがありそうなこの機体。
しかも通常は地方空港でしかお目にかかれません。羽田では見られませんよ(^O^)

貴重であるこのカラー、これからも残る保障はありませんので早めに撮っておかれることをお勧めします。

押して頂けると、励みになります。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

良いですねえ

管理人様今晩は

JACカラーのボンQ良いですねえ。私も初めてKOJで見たとき興奮しましたよ。おかげでブレましたけど。その後ITMで再開した以降、お会いしておりません。もっとも会える場所に行っていないのですが。
solaseedの737Fが同じように、最後のトロピカル仕様なのですが、こちらはあっさり塗り替えられそうな予感。何とか生きながらえると良いのですが。

レインボー

kuragy様
 こんばんは。
 842C、よくぞここまで残りましたね~生きた化石です(笑)
 西日本の空港に行ったときこいつに会えると、今日は運が良い!と、勝手に思ってます(笑)
 こうなったら、鶴丸にならずこのままレインボーで飛び続けて欲しいです(笑)

No title

こんにちは。
エアコミューターが飛んでこない羽田では、まず無理でしょうね。てか「羽田では見られませんよ」の一文がなんだか嬉しそうなのは気のせいでしょうか?・・・笑 顔文字まで付いてますし。

エコボンはセントレアで確保しましたが、これはさすがに飛んでこなかったです。まぁセントレアも同様にエアコミューターが来てないですから当然ですが。にしても、懐かしいカラーでまだ飛んでいるんですね。伊丹で撮ってみたいです。が、果たしてその時来るかどうか・・・果たして自分に運があるか・・・汗 難しいですね。

Re: 良いですねえ

出戻り様

こんばんは。
いつの間にか塗り替わってそうですよね。その時は月刊エアラインの飛来機通信で話題になりそう…。
一機のみで、かつ地方をを飛び回っている訳ですから会いたくてもそうは会えませんよね。
トロピカルもあさっりでしょうね。前に、「最後の鶴丸」は日本中で話題になりましたがトロピカルのレベルではちょっと…。
人間、「あとひとつ」とか「ラスト」って言葉に弱いですよね。

Re: レインボー

51AN様

こんばんは。
「ここまできたら、もうこのままいきますかっ」という訳のわからないノリになりませんかねぇ。
「生きた化石」なら世界遺産もののはずなんですが・・・。
誰が塗装の変更を決めるのでしょうか?会議くらいはするんですかね?
もし出会えたら、おみくじで大吉を引くよりも運が良いと思います(笑)

Re: No title

スー様

こんばんは。
地方ベースの私にとっての、羽田や成田ベースの方に対する数少ない優越感です(笑)

とは言っても私も最近は出会えていませんが。
伊丹で撮れると断言できませんし、かと言って他の空港でも条件は同じですし…。
確かに、自分の運しだいですよね。
プロフィール

kuragy

Author:kuragy
ブログ名:HikoukiPicTrip
大阪・東京・札幌と広く展開しながらヒコーキを撮影しています♪最も力を入れているのは「搭乗記」です!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。