ANA2153 成田-新千歳 A320 搭乗記

月に一度は飛行機に乗らないと体がムズムズする禁断症状を発症してしまい、先日は仕方なく新千歳へ行ってきた。
と書いても嘘ではないのだが、今回の目的はエバージャンボである。
現段階では来年3月22日まで台北-新千歳に747が投入される計画になっているが、退役が見込まれている機材なだけに早めに撮っておきたく今回の遠征に踏み切った。

さて、利用便はまたもANA2153便
前日夜から成田のネットカフェで一夜を明かし、空港ターミナルには朝6時にやってきた。

161126_ANA2153_010.jpg

南ウィングからエプロンを見渡すとスポット46番には787導入2号機の鯖ちゃんが駐機されている。
さらにその奥にはR2-D2ジェットの姿も見える。

161126_ANA2153_020.jpg

朝焼けの下、NH818便としてプノンペン(カンボジア)から帰ってきたJA804Aが入って来る。

161126_ANA2153_030.jpg

明け方の雰囲気に合わせるが如く静かに、しなやかにスポットインしてくる姿は素敵だ。

161126_ANA2153_040.jpg

そして前回の新千歳遠征時と同様、ANAアライバルラウンジへ。
その昔、僕が中学生の時、夫婦喧嘩で離婚の危機に巻き込んだお詫びにと父が遠征の便をプレミアムクラスにアップグレードしてくれたことがあったのだが、その時にこうしてコーラの上に輪切りのレモンを浮かべる技を教わったのだ。
「ガキひとりでも小慣れた感じでお坊ちゃまっぽくしてれば大丈夫。」そんなことを言われたのをふと思い出した。

161126_ANA2153_050.jpg

ちょっと前にも同じような画を写した覚えがある…。でも今回は機材が違うのだぞ…。

161126_ANA2153_060.jpg

その機材がコチラ!!エアバスA320-200(レジ番:JA8304)なのだ(^^)/
巷ではA321ceoとA320neoが注目の的であるが、新機材が入れば既存のA320が押し出されるのは目に見えている。
今のうちに乗っておきたかったので丁度良かった。

161126_ANA2153_070.jpg

スポット57-A番から定刻でプッシュバック開始。
三つ隣の54番ではワシントン行きNH002便充当のBB-8ジェットが準備を整えている。
アイツには伊丹-羽田の就航初便で乗ったがやはり国際線で乗ってみたいところだ。

161126_ANA2153_080.jpg

タキシ―中には早朝ターミナルから見たR2-D2ジェットを間近で撮ることが出来た!
真正面を狙っていたのだが窓越しで上手くフォーカスが合わなかった(汗)腕を磨かねば…。

161126_ANA2153_090.jpg

そしてRWY34Lからテイクオフ!!
右端に見えているのが東関東道と新空港道の交わる成田JCT、その上には成田市街地が広がる。

161126_ANA2153_100.jpg

巡航高度は3万7,000フィート、特に揺れることもなく非常にスムーズなフライトだ。
エンジンはGEとスネクマの合弁企業であるCFMインターナショナル製CFM56-5A1を装備している。
Wikipediaによれば、「CFM56」はGEの民間機用エンジン形式「CF6」とスネクマの民間機用エンジン形式「M56」を掛け合わせて命名されたものとのこと。
またCFM56-5シリーズはエアバス機用に開発されたもので(因みにB737NGだとCFM56-7シリーズ)、ボーイング機向けのシリーズとの大きな違いはエンジン制御が電子制御FADEC(Full Authority Digital Engine Control)となっている点。
これは、機体制御から要求されるエンジン動作(回転数や温度、燃料の供給度合など)を、電子制御ユニットで演算した上で電気信号によって操作するもので、エンジン性能を最適化することが出来るようだ。

161126_ANA2153_105.jpg

機窓からは鳥海山(山形県)と日本海を望む。
東京から新千歳へ行く場合、筑波山から陸奥をほぼ一直線に結ぶY11ルートを飛ぶため、A側に座ればずっと日本海沿岸を眺めていられるのだ。

161126_ANA2153_110.jpg

オーディオプログラムでは、ドラマGOOD LUCK!!のエンディングである山下達郎の「RIDE ON TIME」がラインナップされていたので聴いてみる。
「青い~水平線を~いま駆け抜けてく~とぎすまされた~時の~流れ~感じて~♪」うひゃっ!気分はもうキムタクだぜ(≧∀≦)/

161126_ANA2153_120.jpg

下北半島を過ぎて高度を下げている頃、南へ飛んでいく機体が飛行機雲を引っ張っていた。
北海道側から入ってきて高高度でココを通過するということは米国東海岸発の便だろうか?

161126_ANA2153_130.jpg

そして新千歳にはRWY19Lにランディング、到着スポット3番が空くのに時間が掛かりゆっくりと進んでいく。

161126_ANA2153_140.jpg

最後は機内の全景を撮らせていただいてから降機。
シートの色使いやくたびれ具合から年季が入っている感が否めないが、布製の厚めのシートはフカフカして座り心地が良かった。

161126_ANA2153_150.jpg

お世話になったね8304!95年5月生まれ、僕と1カ月しか誕生日変わらないし親近感が沸くぜ(笑)
折り返しの仙台へのフライトもお気を付けて。

という訳で2016年第2回新千歳遠征スタートであります!
綺麗にEVAジャンボ撮れるかな?お楽しみに。

航空ブログランキング参加中です。
よろしければワンクリックお願いします。

にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

kuragy

Author:kuragy
ブログ名:HikoukiPicTrip
大阪・東京・札幌と広く展開しながらヒコーキを撮影しています♪最も力を入れているのは「搭乗記」です!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR