ANA3231 成田-仙台 735 搭乗記

東京に着いて2日後、次は仙台へ飛ぶぜ!
大学の部活で仲良くなった農学部の友達が名取から来ていて、今回彼が帰省中に宮城を案内してくれるというのだ。
こんな嬉しい事はない(笑)行くしかないでしょ。

170303_ANA3231_010.jpg

東京から仙台へ行く場合の交通手段は新幹線・バス・飛行機があるが、バスは疲れて時間ロスが大きい。
新幹線は早くて楽だけど1万円以上掛かる。
飛行機もさぞかし高いのだろうと思ったが、旅割で7千円切るというのだから驚き!
という訳で成田空港第1ターミナルからスタートなのであります。

170303_ANA3231_020.jpg

朝は何も食べず出てきたのでラウンジで朝食を。
やっぱり成田は良いね。軽食が用意されているのはすごくありがたい(^^)

170303_ANA3231_030.jpg

さぁボーディングのお時間。
今回利用するANA3231便はガルーダインドネシア航空とベトナム航空、スターアライアンスパートナーとのコードシェア便である。

170303_ANA3231_040.jpg

バスでの搭乗だとこんな写真が撮れるから嬉しい!
シップは見ての通りスーパードルフィン、このJA8504は一度エアドゥに移籍していた経歴を持つ。

170303_ANA3231_050.jpg

自席(4A)からの眺めはこんな感じ。
ブロックタイム60分という短距離路線でありながらも巡行高度は2万1千フィート、蒼い空と一緒にCFM56-3C1を眺めることが出来た。

170303_ANA3231_060.jpg

カートによる機内サービスは実施せず、希望者にのみドリンクを提供する形式であった。
なので今回はドリンクレポート無しでございます。

170303_ANA3231_070.jpg

奥羽山脈直上を北上してきたが猪苗代湖からヘディングを東へ振り、一旦太平洋側へ出る。
「今日は山側からの風が強く只今揺れておりますが、大きく揺れましても飛行の安全性には影響ございませんのでご安心ください。」
そんな定番のアナウンスが入ったが、上下方向に揺れて肝がグイグイくる感覚は飛行機ファンであっても心地良くは感じない(苦笑)

170303_ANA3231_075.jpg

機体はオンファイナル、名取市の沿岸を臨む。6年前には牙をむいた太平洋も今は穏やかそうだ。

170303_ANA3231_080.jpg

機内を少しだけ撮らせていただいてから降機。
B737-500に乗ったのは熊本のB747チャーターの時以来だったが年季の入った機内はお気に入りだ。

ANA3231_99.jpg

降機時、CAさんがステッカーと(ひな祭りにちなんで)桃の飴の詰め合わせをくださった。
ステッカーの裏には”Thank you for flying with us today! 2017.03.03 NH3231 crew”のメッセージも添えてくださっていた。
また宝物がひとつ増えた(^^;;)せっかくのステッカーだけど、これはもったいなくて使えないぞ(笑)

170303_ANA3231_090.jpg

ターミナル内には仙台らしく七夕飾り。色とりどりで綺麗じゃの~。
まだ着いたばかりだけど、これは夏にも来たくなっちゃうなぁ(笑)

170303_ANA3231_100.jpg

展望デッキに上がってみるとちょうど到着便が連続、B767とQ400の後ろに広がるのは仙台市街地だ。

170303_ANA3231_110.jpg

仙台空港アクセス線の駅の屋根はテント式で非常に開放的。陽の光がよく入ってとても良い雰囲気だ。

さぁ、初めてやって来た仙台。どんな宮城旅になるのかな~♪楽しみだのぉ(笑)

航空ブログランキング参加中です。
よろしければワンクリックお願いします。

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuragy

Author:kuragy
ブログ名:HikoukiPicTrip
大阪・東京・札幌と広く展開しながらヒコーキを撮影しています♪最も力を入れているのは「搭乗記」です!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR