FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NH223 HND-FRA 77W 搭乗記

ご無沙汰してます(汗)レポートや試験に追われている内にあっという間に4か月が過ぎてしまいまして…。
今回は春休みまで遡って念願のドイツ旅行時の搭乗記でございます。

高校3年の時から「大学生になったらドイツにビールとソーセージの旅行行きたいな~!!」と仲良しの友達と話をしてきた訳ですが、何故か二人とも二浪をしましてですね(苦笑)
友達は志望校の医学生になり、僕も何とか志望校の?工学部生になり…「行きたい」と言い始めて5年目にして念願かなってドイツ行きを成し遂げられた訳です。

さて、出発日の朝は羽田の国際線ターミナルで待ち合わせドキドキ・ワクワクの旅の始まり始まり!!

180301_ANA223_010.jpg

SFC家族会員の恩恵に預かり、エコノミーだけどビジネスクラスのカウンターでチェックイン。
国内線のプレミアムカウンターは多少慣れた気がするが、ビジネスクラスカウンターは初めてで少し緊張…。

180301_ANA223_020.jpg

そして出国手続きを終え、ANAラウンジへ。海外旅行は小学3年生以来で何もかも新鮮。
国際線ラウンジに入るだけでも興奮してしまう(笑)

180301_ANA223_030.jpg

朝食はラウンジで、と決めていたのでボリューミーなラインナップ。
この他にうどんやらANAオリジナルチキンカレーまで食べてワインもいただいて…搭乗前からお腹いっぱい。INT素人感満載である。

180301_ANA223_040.jpg

ラウンジの全景も撮ってみたり。飛行機見ながら食事してこれからフランクフルトですよ。
ボーディング前のこの時間が堪らなく好きだ。

180301_ANA223_060.jpg

そして搭乗時刻が迫り110番ゲートへ。
二人とも食欲旺盛なので、ここへ来るまでの間に正露丸を買っておいてのは言うまでもない。

180301_ANA223_070.jpg

さぁ行くぜ!アサインされた機材はB777-300ER、レジ番はJA732Aである。
成田-伊丹線で散々お世話になっているタイプではあるが、国際線で乗るのは初めてだ。
何故かやっぱり新鮮に見える(;・∀・)

180301_ANA223_080.jpg

本日のお席は27Aでございます!Fixed Back Shellタイプでリクライニングで気を遣わなくて済むイケてるシートだ♪
この後、親に「行ってきまーす」というLINEを送りドアクローズ。滑走路へ向けタキシーアウトだ。

180301_ANA223_090.jpg

あぁ…マジで飛んでしまった。もう何があっても日本には復路便まで帰れない。
普段ならGE90-115Bのエンジン音に酔い痴れるところだが、ドキドキと早まる鼓動音の方が凄かった(汗)
友達と一緒であっても何かあったら英語使って自分で乗り越えなければならない。不安で仕方ない。

180301_ANA223_100.jpg

ベルトサインがOFFになり程なくして食前のドリンクサービス。
ドイツで散々ビールを飲むつもりではあるが、「とりあえずビール」の精神で。
国内線プレミアムクラスで出てくるのと同様のおつまみ付きだ。

180301_ANA223_110.jpg

お待ちかね、ミールサービスのお時間でございます!!

■メニュー(ランチ)
 『赤ワインで煮込んだハッシュドビーフ』
  前菜:ヘルシーサラダ/パストラミポーク/イタリアンパセリ
  小鉢:中巻き/枝豆/春雨サラダ
  サラダ:ミックスリーフ/和風ドレッシング
  ブレッド:ソフトフランス/バター(洋食のみ)
  夕張メロンラングドシャ
  クラッカー
  クリームチーズ
  デザート:ハーゲンダッツ バニラ

ANAの誇る、その道を極めた目利き、料理人によって構成される『THE CONNOISSEURS』監修のメニュー。
エコノミーの機内食だからと言って侮ることなかれ。美味しいのはもちろん、結構ボリュームもある。
それとフォーク・ナイフがきちんと金属製なのも好印象だ。

180301_ANA223_120.jpg

相方が頼んだのは『ANAオリジナルとんかつ丼』
メイン以外の小鉢類は同じラインナップで和洋折衷といった感じだ。

180301_ANA223_130.jpg

デザートは前述の通りハーゲンダッツ。
CAさん曰く「固いですので少ししてからお召し上がりください」とのことだが、これがマジで固い。
「#シンカンセンスゴクカタイアイス」というハッシュタグがあるが、「#ヒコーキスゴクカタイアイス」があっても然るべきである。

180301_ANA223_150.jpg

食後は照明が落とされ、ANA映画館と化す。
とは言っても僕は基本的にマップモードにしていて、時々ゲームをするのみなのだが…。
シベリアの上、北極圏近くを飛んでる時は言い表し難いワクワク感と気分の高まりを感じるものだ。

180301_ANA223_140.jpg

トイレのついでにちょっとギャレーへお邪魔するとこんな小腹を埋めるアイテムが。
ポテチの小袋とコーラをもらってお夜食タイムと行こう。
この後あまり興味のないスターウォーズを観ているうちにいつの間にか入眠(苦笑)
Fixed Back Shellの名に相応しく、貝殻のリラックスチェアに身を預けるが如く心地よく仮眠が取れた。

180301_ANA223_160.jpg

目を覚ますと2回目のミールサービスの時間。

■メニュー(到着前)
 『紅鮭の彩りご飯』
  フルーツ
  ヨーグルト

因みに洋食であれば『パンケーキ&ポーチドエッグ』だった。
「しばらく日本食は食べられないから和食にしよう」という思考の元でのチョイスだが、今から考えれば5泊7日の旅程で何言ってんだという感じだ(笑)
味はやはりGOOD!!ネガティブに言えば「予想通りの味」だが、そういう安定感も大切である。

180301_ANA223_170.jpg

窓の外にはどこか寂し気なフィンランドの大地が広がる。おそらく反対側の窓からはボスニア湾が見えているはずだ。
フィンエアーがヘルシンキを「一番近いヨーロッパ」と謳っているが、ヨーロッパの始まりである東欧は暗い雰囲気なのが特徴。
と言うのも、低温なフィンランドは有機物が分解されないことで生じる白色のポドゾルという土で覆われており、養分が流出してしまうこの土壌では農耕が難しい。
そうした地理的条件から寂しい雰囲気が生まれているはずである。
何故こうした情報がスラスラ出てくるのかというと、今年1月に実施されたセンター試験「地理」で「ムーミンはどこ出身か」という問題が話題になったからだ。
今となっては「勉強したわ」と懐かしく思える程度の地理のお話だが、こうした所で役に立つとは…。
頑張って覚えた内容は決して無駄にはなっていないようだ。

180301_ANA223_180.jpg

翼端のレイクド・ウィングチップをドアップで。
いつま翼より前に座ってしまうのでこうして「グイッ」と反り上がっている様子を観察するのは初めてだ。

180301_ANA223_190.jpg

この辺で相方と席を交代。
国内線のエコノミーよりは少し広く窓1.5コ分のスペースを有する。

180301_ANA223_200.jpg

到着後の過ごし方について会議しているうちにフランクフルトに到着。
振り返ってみると早かった~。
エコノミーで12時間は地獄かと思って覚悟していたが、案外いけてしまうものである。

写真は割愛するが、荷物のピックアップ時にキャプテンはじめクルーの皆さんと記念写真を撮ってもらった。
最初はパイロットさん3人だけにお願いしたつもりだったのだが、「我々だけでは華がないから他も呼ぼう!」ということになり…。
「お嬢!」とキャプテンがCAさんたちを招集(笑)大人数で写真に応じてくださった。ホントに感謝です(^^)

180301_ANA223_210.jpg

180301_ANA223_220.jpg

空港からはSバーンに乗ってフランクフルト中央駅へ。
実はドイツは幼稚園児の頃に来ているので、何となく雰囲気は覚えていたのか生意気にも謎の「帰ってきた感」を味わえた(;^ω^)
いや、でもICEを見たときは「ホントに来ちゃったんだな」と夢見心地だった。

180301_ANA223_230.jpg

180301_ANA223_240.jpg

市街地をぐるぐる回って…

180301_ANA223_250.jpg

180301_ANA223_260.jpg

夕飯はさっそくビールとソーセージ、それからチキンカツレツ的なやつ!
デカいビールがテーブルに置かれた瞬間、相方と二人して「キターー!!wwwwww」と思わず歓喜(笑)
味は最高である。いやホントに何もかも最高だ。だってこのために来たんだもの。

次回はちょっとドイツ周遊の様子を紹介します。


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuragy

Author:kuragy
ブログ名:HikoukiPicTrip
大阪・東京・札幌と広く展開しながらヒコーキを撮影しています♪最も力を入れているのは「搭乗記」です!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。