B787に初搭乗

新千歳遠征の帰り、78Pに乗りたいがために東京で一泊しました(^<^)
実を言うとAMCの特典での購入なのでNH25便は予約できず、NH27便を予約していました。
当日、カウンターで空き状況を調べてもらうと…
「○○様、最後の窓側が空いておりました。」と、最後の窓側の一席を無事確保できました。
「787は窓がとても大きいので楽しんでください」という一言を頂いてますますテンションが上がります(>_<)

そして、とりあえず展望デッキへ
DSC_3843.jpg
MD90(JA004D)がランディングしてきました。
MD90も完全退役が近いですよね。(ちょっと前まではITMに「これでもかっ!」ってくらい来てたのに)
DSC_3847.jpg
昼前ってこんなに混雑してたかなと思っていると、どうやらRWYの使用制限がかかっていたらしくG-TWYから渋滞。
上の写真の左側にさらに74Pがいたのですが、コイツがかわいそうなことに…
DSC_3887.jpg
20分も並んで、ようやくtake off!!と思いきや、イントゥーポジション直前にまさかのRWYチェンジ。
そのままRWYに進入してRWY16Lへ移動。機内の雰囲気は最悪なんでしょうね^_^;

そうこうしてるうちに搭乗時刻30分前となり、移動。
搭乗口ではサラリーマン達がケータイを片手に787を撮影しているのが印象的でした。
そして、いよいよ搭乗開始。
DSC_3890.jpg
本日の機材はJA804Aで前便ではNH694便としてUBJからの飛来です。
DSC_3897.jpg
中距離国際線仕様のためシートTV付き。早速、マップを出してみました。
マップは4種類あって、また対地速度や風速、機首磁方位まで出るので国際線ならもっと楽しめそうです。
DSC_3904.jpg
787と言えば、電子式シェード。日差しが入って来ないのに外が見えるのは不思議な感覚です。
DSC_3917.jpg
窓が大きい分、外の景色も撮影しやすいです。787特有の「しなり」がよくわかりますね。
キャプテンいわく、気流の関係上低めの高度を飛んでいるとのこと。
モニターをマップモードにすればどのくらいの高度を飛んでいるのか分かったのですが、787の特別ビデオプログラムに夢中になっていたせいでチェックするのを忘れてしまいました。

気づけばすでに紀伊山地の内陸側を旋回し、着陸態勢に入ってました。
IKOMA辺りから雲に入って小刻みに揺れ、雲を抜けても機体の浮き沈みが止みません。
山形機長の言葉をお借りするなら「天使のいたずらでブランコのように揺れ…」といった感じでしょうか。

HNDでRWYの使用制限がかけられていたため、10分遅れてRWY32Lにタッチダウン。
遅れを最小限にするための気遣いからか、すぐさまリバースしてW8でライトターン。
DSC_3922.jpg
最後にキャビンを撮影させてもらって降機しようとすると、「よろしければお持ち帰りください」と787のモデルプレーンをCAさんから頂きました(^O^)
DSC_3924.jpg
ボーディングブリッジからの一コマ。
「次に乗るのはいつだろう?その頃には767の方が貴重になってたりして…」と思いながら降機。
こうして、新千歳遠征を終えて大阪に帰ってきたのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuragy

Author:kuragy
ブログ名:HikoukiPicTrip
大阪・東京・札幌と広く展開しながらヒコーキを撮影しています♪最も力を入れているのは「搭乗記」です!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR