A3Rがいた伊丹

A300-600Rが消えてから3年あまり。

東日本大震災で当初の予定よりも退役時期が約3か月ほど延びたものの、JALの路線削減の影響もあって旧JAS時代から続いた20年の歴史に幕を降ろしました。

今回はそんな「空の女王」である「エー・サン・アール」についての僕なりの思い出を綴ってみます。

DSC_1382.jpg

実は僕、一度も乗ったことが無いんです、A300。

それに、僕が一眼レフを持ち始めた頃はたまたま伊丹へのA300運航が無かったこともあって、馴染みの薄い機種でした。

DSC_2976.jpg

2010年夏の千里川にて。

ヒコーキファンになって3年目にしてようやく伊丹でA300に出会えたのでした(^_^;)

DSC_3415.jpg

ボーイングの機材とは明らかに違った風貌でした。

フラップ本体から長く突き出した細めのフラップレールが印象的です。

DSC_3422.jpg

なんで逆光側から撮ってたんだろうか(後悔)

DSC_3425.jpg

横顔は旧ソ連機のIL-86に似ている気が…

DSC_5612.jpg

ボディーの太さの割には主翼が短いように見えます。

B767の全幅は47.6m、A300は44.8m。

DSC_4275.jpg

胴体前方側面のライトも特徴的ですよね。

何のために点いているんでしょうか??

DSC_7960--2.jpg

2011年3月22日の羽田にて。

JALのロゴを消され、真っ白い胴体のA3Rがずらっと並ぶ風景。

羽田のドック前はその時々を象徴する光景が広がります。(見るには寂しいですけどね(涙))



JAS時代に導入された機体は今や一部のB772のみとなってしまい寂しい限りですが、こればっかりは仕方がないですね。

JALは経営再建後、エアバスを導入する予定はないんでしょうか?

A350あたりに期待を寄せておきますか(笑)

(もしかして、この記事が公開されてる頃にはそんなビッグニュースもあったりして??(^_^;))


今回はこの辺で。


☆航空ブログランキング参加中です☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuragy

Author:kuragy
ブログ名:HikoukiPicTrip
大阪・東京・札幌と広く展開しながらヒコーキを撮影しています♪最も力を入れているのは「搭乗記」です!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR