スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

773ERのSLG

もう12月ですよ(^_^;) あと1カ月半もしないうちにセンター!?

俺、大丈夫なのか…?

こんな暇に記事を書いていることを後悔していないだろうか…

非常に心配です…。




とりあえず今回も書きます(苦笑)


タイトルにあるSLGって何のことか知ってますか?

僕はブログの題材探しをしていて初めて知ったことなんですけど…(^_^;)

SLG=Semi-Levered Gear

777シリーズの中でも、-300ERにのみ装備されているギアなんだとか。

738asvsjk.jpg
JA738J

-300シリーズは全長73.9mを誇るロングボディー機。

これほど機体が長くなると機首上げ時の角度の確保が難しくなるのは分かりますよね。

長距離路線を飛ぶER型機ともなれば重量が増して滑走距離は長くなり、引き起こし角の確保がさらに重要になります。

そこで尾部と地面とのクリアランスを得るため、-300ERのギアは「最後のひと踏ん張り」が出来るようになっています。

751asksdjk.jpg
JA751A

こちらは国内線用-300。

メインギアは全て地上に着いたま頭を上げ、このまま一気に上昇していきます。

しかし…

784skekfn.jpg
JA784A

-300ERでは最後部のタイヤが接地した状態をしばらく維持し、引き起こし角を稼ぐんです!

735lxdhgfb.jpg
JA735A

こちらも同様に「爪先立ち」の姿勢をしばらくキープ…

785askleri.jpg
JA785A

ダメ押しでもう1機!

でも、写真では分かりずらいですよね…。

もちろん-300だって上昇直後はこのような姿勢になるんですよ。

でも、-300ERだとこの姿勢でいる時間が長いんです。(何せ、少し伸びるんですから(笑))

751sdfk.jpg
B777-300(JA751A)のメインギア

777awsolevk.jpg
B777-300ER(JA777A)のメインギア

上の画像と下の画像を見比べて違いが分かりますか??

-300ERの方には油圧ストラット(パイプの様な形状)が車輪軸と脚柱の間から出ています。

これのお陰で引き起こし角度を増すことが出来るんですね~♪

786kdefkgg.jpg
JA786A

せっかくなので最後にもう1枚(笑)(←もうええっちゅうねん!)

これだけ離陸していく姿を並べると爽快ですねぇ(^ム^)


それにしてもヒコーキには色々な工夫がなされているんですね~。

ただ正直言うと、何故メインギア前部に付けられたストラット(柱)で角度を稼げるのかわかりません…(汗)

この辺の詳しい事は僕がパイロットになれた時に解説します(^_^)/(笑)


航空ブログランキング参加中です!
クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuragy

Author:kuragy
ブログ名:HikoukiPicTrip
大阪・東京・札幌と広く展開しながらヒコーキを撮影しています♪最も力を入れているのは「搭乗記」です!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。