NH2176 伊丹-成田 77W 搭乗記

今回はタイトルの通り成田へ向かうのでその時の搭乗記を。
3月に入ってからNH2176には763WLと77W、78Rが混在しており、この日は77Wの充当日であった。
朝一番の北急に乗りモノレールに乗り継いで朝6時半に空港到着。例の如くANA LOUNGEからスタート!

170301_ANA2176_010.jpg

B767のスターウォーズジェットがディスプレイされている入口を通り中へ入る。
ANA FESTAなんかでこの模型よりもっと小さいのが数万円で売ってるが、これくらいの大きさにもなるといくらするんだろうか(笑)

170301_ANA2176_020.jpg

う~ん、大人の雰囲気が漂う空間だ。
久々に伊丹のラウンジ入ったけど下の階はスイートラウンジになったんだよね。スイートの方はどれだけ凄いんだろう?

170301_ANA2176_030.jpg

時間となりシップの元へ。アサインされたのはJA783A。
CLUB ANA時代に導入された77Wのラストナンバー、2008年から8年間に渡って欧米路線を中心に世界の空を飛び続けている。

170301_ANA2176_040.jpg

席は前からずっと座ってみたかったビジネス区画の9Aをゲット!
言わずもがなA列は同じ窓側のC列とは違い、通路から奥まっているのでプライベート感がある。それプラス9列目は眺めが格別なのだ。(機窓は後ほど。)

170301_ANA2176_050.jpg

TEAM ANAに見送られ機体はタキシングを開始、僕も手を大きく振り返すd(^∀^)ノ

170301_ANA2176_055_20170307233242a1e.jpg

左下に先ほど離陸してきた伊丹空港を臨みながら順調にクライム。
上空には薄っすらと雲が掛かるが、これからあの雲を突き抜けて青空の下へと向かっていく。

170301_ANA2176_060_20170307233243e28.jpg

機内サービスは季節限定の「でこぽんジュース」をオーダー。
乾燥し味覚が落ち気味の機内では濃厚なでこぽんの甘みが尚美味しく感じられる。
で、お待たせしました。機窓がこちらでございます…

170301_ANA2176_070_20170307233244990.jpg

いや~良いよねコレ!GE90のステッカーとウィングチップ装備の長い主翼を一望出来る訳ですよ!!
そしてこの眺めを見ながらですね…

170301_ANA2176_080_201703072332465e9.jpg

こんな感じで個室感溢れるシートに身を委ねる、と。
サイドテーブルで光るブルーのライトもイカしてるよね~。

170301_ANA2176_090_2017030723324766a.jpg

やがて富士山も見えてきたぞ。
今までの763ERのウィングレットも良かったけど、このデカいエンジン「GE90-115B」にも惚れ惚れしてしまう。
あぁ、フラッグシップ機のオーラが漂っている…。

170301_ANA2176_100.jpg

高度を下げ九十九里浜側からファイナルアプローチ。
エンジンカウルには降ろされたメインギアが映り込んでいる。

170301_ANA2176_105.jpg

午前中、双発機は基本的にB滑走路に下ろされるとのこと。なので僕の座るA側からは成田空港全体を見渡せた。
さて、到着後はまた機内を撮らせていただいた。

170301_ANA2176_110.jpg

このJA783AはYの配列は3-4-3である。
シート自体もFixed Back Shellタイプではなくノーマルなので今回撮影出来て良かった。

170301_ANA2176_120.jpg

2-4-2配列のPYはやはりYより断然ゆとりがある。国際線で乗るならPYが良いな~♪
SFCなら無償でUG出来るし、ANAのツアーでも元からPYを指定したりも出来るらしい。想像が膨らむなぁ(笑)

170301_ANA2176_130.jpg

Cは言わずもがな、良いに決まってるよな…。

170301_ANA2176_140.jpg

170301_ANA2176_150.jpg

プレミアムクラスとして利用されていたFは空席があったようで、何席か未使用の状態で綺麗に写せた♪

という感じで今回のNH2176便の搭乗記終了でございます!
INT機材というのは何度乗っても飽きませぬ(笑)また機会があればトライしなきゃ(^^)/

航空ブログランキング参加中です。
よろしければワンクリックお願いします。

にほんブログ村

望遠を振り回す in 伊丹

前回のスカイパークの続きと参ろう。
時刻は16時、羽田便は上がりが787で降りが777だ。大型機となると胸が躍るぜ!

B787_JA833A_ITM_1702281616.jpg

テイクオフローリング中のコクピットを覗いてみる。
HUDを下げ正面を向くキャプテン、無線につないだヘッドセットがめちゃめちゃ格好良い。
僕の頭の中ではGood luck!!のサントラが勝手に流れてきているが、実際のパイロットは相当緊張するんだろうなぁ。

B777_JA8969_ITM1702281618.jpg

こちらは羽田から飛んできた777のタッチダウン。
手前の柵がややうるさいが誘導路上の標識と絡んでくれたのは嬉しい。あの標識が入らないとRWYらしさが出ないんだよね。
さて、もう一度千里川へ行ってみよう。

B737_JA81AN_ITM_1702281658.jpg

着いて直ぐに弾丸のごとくアプローチしてきたのがB737-800だ。
ライトを全て点灯させて降りてくるとクールさが増すような?笑

B777_JA710A_ITM_1702281706.jpg

そして豪快に白煙を上げてランディングしたのは羽田からのトリプルセブンだ。
これだけ地面と摩擦を発生させているんだから1か月もしないうちにタイヤを交換しなければならない理由が理解できる。

B777_JA8969_ITM_1702281719.jpg

側面に西日をもらいながらRWY32LにラインナップするのはJA8969。
600mmだとノートリミングでここまで迫れるから良いよね。

という感じで伊丹撮影録はこれにて終了。(大阪滞在は実質1日だけなのだ。)
翌日は朝の便で東京へ移動するぞ。

航空ブログランキング参加中です。
よろしければワンクリックお願いします。

にほんブログ村

伊丹で正面と捻りとA321

春休みに入ったので遠征というか、帰省と旅行をすることに。
夜行バスで早朝に大阪へ着き、実家経由で自転車コキコキ伊丹空港の北端、猪名川土手までやってきた。

B787_JA840A_ITM_1702280809.jpg

NH2176のJA840Aがテイクオフローリングを開始、B787ならではの主翼のしなやかさが際立つ。
ただ「これだっ!」というのが中々撮れず、思い切って場所を変えてみることに。

B787_JA809A_ITM_1702280854.jpg

B787_JA816A_ITM_1702280901.jpg

B777_JA752A_ITM_JA752A_1702280919.jpg

最近はこの「捻り」というのが流行りらしく、昆陽池公園でこのジャンルに挑戦してみた。
便によって旋回するタイミングや角度が違い一筋縄ではいかないが、それがヒコーキ撮影の醍醐味だろう。
この日は昼の羽田便にA321が入っているのに気づき、今度は降りを求めて千里川へ。

A321_JA113A_ITM_1702281404.jpg

ありきたりな構図ではあるが、青いA321は初捕獲なだけに満足だ。
顔こそA320と同じではあるが、白色のLEDライトが新鋭機らしさを醸し出している。

A321_JA113A_ITM_1702281515.jpg

離陸はスカイパークから狙ってみた。
シャークレットを強調しようと思っていたのでもう少し前のカットで綺麗に押さえたかったが意外と難しい。
超望遠で狙うと頭のてっぺんについているアンテナをどうも欠いてしまう。
うーむ、あの「ちょんまげ」はマジで厄介だ…。A321攻略にはしばらく練習が必要になりそう。

航空ブログランキング参加中です。
よろしければワンクリックお願いします。

にほんブログ村

Goodbye "mackerel"

B787就航記念でスペシャルマーキングをまとってきたJA801Aが通常塗装に戻されるそうで…。
過去にもB777就航時には-200では「777」、-300では「風」が施されたことがありますが、当時ヒコーキに興味がなく幼かった僕には記憶は残っておらず…。
開発から就航までを見届けられた最初の機種がB787だったので今回の塗り替えはやはり寂しいっすね。

Feb01B787_JA801A_ITM_1202051627.jpg

ブランド統一の観点から一部の機材を除きInspiration of JAPAN化が進んでいってますけど、このIOJというブランドもいつまで続くのかは??
今は2020に向けて日本の先進性であったりおもてなしの心であったりが海外に対して前面に押し出されてます。でもまた時が経てば企業が何を売りにするかは変わってくるでしょうし。
エアラインだって商売でやってる訳で、集客力向上やブランド確立のために機体のペイントも変わっていっちゃうのが常なんですよね。
使い古されたワードですが、「別れがあれば新たな出会いもある」。またそのうち格好良いのや可愛いのが出てくるのを気長に待つとしましょ。

航空ブログランキング参加中です。
よろしければワンクリックお願いします。

にほんブログ村

NH2179 成田-伊丹 78R 搭乗記

ひこうきの丘での撮影を終え、成田空港交通の路線バスでターミナルへ戻る。
担当はまたも例の運転手さん。今回は他のお客さんも乗っていたので、ひと言「よいお年を」と声を掛けると、また満面の笑みで送り出してくれた。
ほのぼのとした気分で国内線出発ロビーへ。

161231_ANA2179_001.jpg

夕方は国内線も出発便が集中する。17時台には伊丹行きの前便に加え、新千歳、中部、福岡、新潟、広島と計6便が一気に発つスケジュールだ。それもあってカウンターも賑わっていた。

IMG_1348.jpg

例の如くラウンジでひと休み、大晦日の夕方…ビールくらい飲んでも良いよね。

161231_ANA2179_005.jpg

搭乗時刻が近づき本日のゲートへ。AかHだと2階へ上がってPBBから乗り込むことになるが、今回はゲートFなのでバスで沖止めスポットへ移動となる。

161231_ANA2179_010.jpg

すぐそばには773ERの782Aが駐機されている。バスが動き出すまでソワソワ・ドキドキ・ワクワクするよね。だってこんな所からヒコーキを眺めることなんて出来ないし…。しかもこれから自分もフライトする訳だし。
さて、バスは数分かけてランプを走りシップの元へ到着!

161231_ANA2179_015.jpg

機材はB787-8、JA829A。前便ではスカルノハッタ(インドネシア)から戻って来たらしい。
787の国際線仕様に乗るのは初めてで興奮が隠せず、手振れを抑えるのが大変…。
でも、機体のそばにいた警備員のおじさんが撮影しやすいように立ち位置をずれてくださったこともあり、満足のいくものが撮れた。

161231_ANA2179_020_99.jpg

幸せへの扉が目の前に…。期待を大にして乗り込む。

IMG_1355.jpg

本日の座席は2K、当然ながらビジネスクレードル。2016年を締めくくるのにふさわしいシートだ。
保安検査場の混雑で乗客を待った影響もあり10分ほど遅れてドアクローズ、TWY上では出発機の行列を成していたこともあって離陸までには更に20分以上時間を要した。

161231_ANA2179_025.jpg

RWY16Rからエアボーン後は長めに旋回し、東京-大阪間の主要航空路Y50へ乗せるべく東京湾南側へ。
眼下には羽田空港、東京タワー、東京ゲートブリッジ、荒川、ディズニーランドと、東京の名所を一望出来た。
787の窓は他の機種と比べて映り込みが出来やすく夜間の撮影は特に厳しい。

161231_ANA2179_030.jpg

航路上の気流は終始安定しており早めにドリンクサービスが始まった。
パーソナルモニターで機影が動くのを眺めながら熱いコンソメスープをちょびちょびと…。「お決まり」でありながらも、このひとときが堪らない。

161231_ANA2179_035.jpg

せっかくなので機内を少し歩いてみる。
Aコンパートメントには4列24席しか配置されていない贅沢な空間だ。

161231_ANA2179_040.jpg

ANAの787の代名詞とも言える曲線を描く広いバーカウンター。
就航時、暫定国内線仕様の頃には必ずと言っていいほど注目されたアイテムだ。長距離仕様機では小型化され、国内線仕様機には設置されていないためこの中距離仕様機の一番の特徴とも言えるだろう。

161231_ANA2179_045.jpg

多くの席が配置されるエコノミー区画で圧迫感を感じさせない点は天井が高い787ならではのこと。

161231_ANA2179_050.jpg

ギャレーの設備類のライトはLED式であり、こうしたことからも最新機種であることが感じられる。
さて、こんなことをしていたら早くもファイナルアプローチ。毎度書いている気がするが、成田―伊丹なんて本当にあっという間なのだ。

161231_ANA2179_055.jpg

到着後は少しだけ機内を撮影。
763WLの2-1-2の配列とは違い、788では2-2-2配列。またラバトリーとドアを挟むため、同じタイプのシートが並んでいても印象が随分違う。

161231_ANA2179_060.jpg

前の画像からも分かるが、降機時はCAさんが照明を虹色に設定してくださった。
ログをお願いしていたからか「お客様のためにレインボーに致しました(笑)」なんて言われてしまった(汗)
そう言えば機内を撮って歩いている時もライトの明るさを調整してくださったりしてたしな…。
CAさんの細やかなご配慮には本当に頭が下がりまする…。

という訳で2016年のFLT(合計10レグ)が全て終了した。回数こそ少ないが個人的にはかなり充実したものだった。
退役が見込まれる772初期機材(運が良いのか悪いのか3連続でJA8198)、BB-8就航初便、念願の往復プレミアムクラスでCTS、ずっと乗る機会に恵まれなかったA320、そしてこの78R搭乗…。
さぁ2017年はどれだけ趣味活動を展開できるかな?楽しみだ。

航空ブログランキング参加中です。
よろしければワンクリックお願いします。

にほんブログ村
プロフィール

kuragy

Author:kuragy
ブログ名:HikoukiPicTrip
大阪・東京・札幌と広く展開しながらヒコーキを撮影しています♪最も力を入れているのは「搭乗記」です!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR